株式会社イータイム

〒604-8111
京都市中京区三条通高倉東入
桝屋町57 京都三条ビル5F

MAIL:webmaster@e-time.jp


miki

制作部のmikiブログです

ふわほわ~んまあ~ぃ!

Spring has come!
 

中学英語で習ったんだっけか?


「春がきたよー!」です


でも、それを言うにはまだ少し早いですね


なので、「春はもうすぐそこ 英語」でググると


Spring is just around the corner.


へ~!へ~!


直訳すると


「角をまがったとこらへんに春がいる」


なんかエエですね



 

前置き長くなりましたが、今回は英語の勉強ではありません


久しぶりのスイーツネタです


おもしろ美味しいお菓子に出会ったので紹介させて頂きます。


「cube」という名前のチョコレート小餅


Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGAさんのお菓子です。


 

メレンゲを加えた、マシュマロのようなふわふわのお餅をホワイトチョコレートとフラボワーズチョコレートで包み、氷餅をまぶしました。

思わず驚くやわらか食感です。


引用元 京都・和菓子 京菓子司【亀屋良長】



この紹介文に悩殺されました!


ただでさえお餅は柔らかいのに“マシュマロのようなふわふわ”だなんて!


それをチョコで包むという魅惑の振る舞い!


仕上げに氷餅でお化粧…


氷餅?こおりもちてなんや?


調べてみると…


餅を水に浸して外に吊るし凍らせたのちに、カチカチに乾燥させた保存食だそうです。
 

細かく砕いたものを雪や霜、水に見立てて和菓子の材料に使ったりもするそうです。


恥ずかしながら知識不足でした、知らなかった。


少し脱線してしまいましまたが、
 

そんなうたい文句に魅せられてご購入したのがコレ

20150208_224758
20150208_224926
2センチくらいの四角がコロコロ


手に取るとこんなカンジ

20150208_225121

指でつまんでふにふに


まさにマシュマロのさわり心地ふにふに


ふにふにふにふに

(食べ物で遊ぶのはやめましょう)


その触感に後ろ髪を引かれる思いですが、
 

そっーと口に運びゆっくりと舌のうえにおいてみます。


優しく噛むと、そのふわほわ~な感覚に口元がゆるむ…

 

まさに「思わず驚くやわらか食感」!


そして、やさしく広がるホワイトチョコの味


あとから和菓子の風味も…何?餡子?


洋菓子と和菓子が合わさった初めての味わい


興味を持った方は、是非ふわほわ~を味わってみて下さいね。