株式会社イータイム

〒604-8111
京都市中京区三条通高倉東入
桝屋町57 京都三条ビル5F

MAIL:webmaster@e-time.jp


miki

制作部のmikiブログです

まさに“まろん”な味わい!

初夏です、梅雨も近いです。

英語で初夏は…

early summer

“早目の夏” いたって普通の表現です。

 

梅雨は…

rainy season

雨季ですね。。

日本の“梅雨”という表現は独特ですよね。

外人さんに

「ニホンデハ“rainy season”ノコトヲドウシテ“ウメノアメ”トイウノデスカ?」

と聞かれても私答えられません、知識不足です。


そこで、ちょっと調べてみると…

そもそも中国が由来なんだとか

揚子江付近で、梅が熟す時期がちょうど雨が多かったとかなんとか…

それが江戸時代に日本に伝わったんですって。

“雨季”よりも“梅雨”が定着するのは、四季の感覚を大切にする日本人っぽいですね。

 

今回は、前回に続いて

Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGAさんのお菓子です。


◯まろん
http://kameya-yoshinaga.com/item/maron/

引用元 京都・和菓子 京菓子司【亀屋良長】


何でも、1番人気の商品なんだとか

見た目はこんな感じ

20150314_213622

 

ひとつひとうは、2~3cmくらいの丸い形

20150314_213955

 

寒天でコーティングされた艶々な表面をナッツでちょこっとおめかし

その中には、マロンペースト、生クリームとラム酒が合わさったものが。

一口でほおばると、栗の風味がいっぱいに広がり、ラム酒の香が追いかけてやってきます。

和洋の枠にとらわれないお菓子が沢山あるブランドですが、

これは、個人的な感想はけっこう“洋”寄り

モンブランが一口サイズにギュッと濃縮された様な味わい。

まさに“まろん”でした。