COLUMNブログ

ナカムラ │ 2014/09/12 │ e-time life

もスプ-TPOに合わせたスーツ選びを-

 

 

今回のもスプは…

「TPOに合わせたスーツ選び」

です。。

いくら素敵なスーツに身を包んでいたとしても、社会人として、大人として、常識を疑われないためにTPOに合わせたスーツを選ぶことが必要です。
あなたは、時間帯や用途に応じた正しいスーツ選びに自信がありますか? もう一度確かめてみましょう。

 

◆昼の正礼装

昼間の正礼装は「モーニングコート」です。

昼間に開催される、格式高い表彰式などの受賞式典などのパーティー、結婚式や披露宴の新郎はもちろん、媒酌人、新郎新婦の父親、主賓など、パーティーの中心人物、また葬儀や告別式の喪主や親族の装いにも用いられます。

 

◆昼の準礼装

昼の準礼装はディレクターズ・スーツです。正礼装のモーニングコートを簡略したものですが、参加する側は略礼装のブラックスーツでも大丈夫です。

色は黒または濃紺など地味なもの。素材はドスキンやタキシードクロスなどの格調高い素材がふさわしく、いわいる礼服と呼ばれるものです。

ただ、真っ黒のスーツに白織柄のネクタイというのは実は日本独特のスタイルです。時には、ブラックスーツにシルバーのベスト+ネクタイなども準礼装にあたりますので、お薦めです!

 

◆夜の正礼装

夜間に開催される、格式が高い結婚式や披露宴などでは「燕尾服」(テイルコート)が用いられます。

19世紀初頭には日常の衣服でしたが、今では最も格式の有る夜の正礼装として定着しました。

最礼装として装う場合は、勲章を着用することが決まりです。また、昼間に着る場合もあります。

 

◆夜の準礼装

夜の正礼装として用いられているのは「タキシード」です。夜間開催の各種式典やパーティーで用いられます。

ただ、最近では結婚式にビジネススーツで行く。何てことも全然普通になってきました。

礼服の概念が変わったんじゃなくて、ビジネススーツの概念が少し変わってきたのかな?と思う今日この頃です。

 

 

おしまい。

トップへ