株式会社イータイム

〒604-8111
京都市中京区三条通高倉東入
桝屋町57 京都三条ビル5F

MAIL:webmaster@e-time.jp


mori

制作部のmoriブログです

ハロウィン事

hw2

 

最近外を歩いていると、よくハロウィン仕様の装飾がされているのを目にします。

10月31日はハロウィンです。

日本でもイベントとして定着していっているのでしょうか?

今回はそんな「ハロウィン」についてです。

 

ハロウィンとは元々古代ケルト人(ヨーロッパに住んでいた民族です)が10月末(ケルト人にとっての年末)に行っていた行事で、

先祖の霊が帰ってくるのを歓迎しつつ、同時期にやってくる悪霊や魔女から身を守る為に変装や焚火を行っていたそうです。

そこから、ハロウィンの夜に幽霊や魔女等の変装をした子供達が家を訪ねるというスタイルになりました。

 

 

そしてハロウィンと言えば、やはり「カボチャのランプ」です。

「ジャック・オー・ランタン」「ジャックランタン」「提灯ジャック」など呼ばれています、このカボチャ

名前の由来にもなったとあるストーリーがあります。

 

昔、ジャックと言う他人を騙して遊んでいる遊び人がいました。ある日彼の命を狙ってやってきた悪魔をも騙し、死後地獄に落ちない契約を結びました。

そして寿命を迎え死後、地獄に落ちませんでしたが生前の行いから天国にも行けず、天国と地獄の間で彷徨う事になりました。

その場所は非常に暗かった為、カブの中をくり抜き松明代わりに使用していました。

 

この話が作られた当時まだカボチャが無かった為「カブ」が使用されており、家の飾りや子供達の持つ明かりもカブで作られていました。

 

 

宗教や民族の習慣といった面で書きましたが、ハロウィンは秋の収穫を祝う「収穫祭」の意味合いも強いです。

カボチャもカブも収穫時期ですしね

 

余談ですが、現在ジャック・オー・ランタンに使用されるカボチャは観賞用に特化させている為

美味しくないらしいです