株式会社イータイム

〒604-8111
京都市中京区三条通高倉東入
桝屋町57 京都三条ビル5F

MAIL:webmaster@e-time.jp


mori

制作部のmoriブログです

某和菓子事

ohagi

突然ですが、上の画像に写っている和菓子

何と呼ばれてますか?

 

「ぼたもち」でしょうか?それとも「おはぎ」でしょうか?

 

oban

これを「大判焼き」と呼ぶか「今川焼き」と呼ぶか「回転焼き」と呼ぶか・・・

それと同じくらいの大きさの問題です。

今回はそんな名前に関するお話です。

 

結論から言いますと、ぼたもちおはぎは同じ物になります。

餅米を餡子で包んだり、きな粉をまぶしたりと種類はありますが、基本どれもぼたもちでもおはぎでもあります。

 

では何で区別されているのかと言いますと「季節」なります。

 

ぼたもちとおはぎをそれぞれ漢字で書くと「牡丹餅」「御萩」となります。

つまり牡丹が旬の春は牡丹餅萩が旬の秋は御萩と呼びます。

 

………

では、「夏」「冬」での呼び方はあるのでしょうか…

気になったので調べてみました。

 

夏は「夜船(よふね)」で、冬は「北窓」と呼ぶのだそうです。

由来としてはどちらも、餅米を潰さず作る作り方から

「搗き知らず」「着き知らず(夜で船が港に何時着いたのか分からない)」「月知らず(北窓から月は見えない)」

なったのだそうです。

 

 

「牡丹餅」「夜船」「御萩」「北窓」の4種類、呼び方を紹介させて頂きましたが

どの呼び方がお好きでしょうか?

ちなみに私は、一年中「御萩」派です。