株式会社イータイム

〒604-8111
京都市中京区三条通高倉東入
桝屋町57 京都三条ビル5F

MAIL:webmaster@e-time.jp


代表取締役/松田治彦

飲み食い大好き!!「松田」のブログです

記憶喪失から逃れるために…

最近どうも物忘れが酷くて・・・とお嘆きの方に。

覚えてない!僕はもともと、メモをとるのが苦手であまり取る習慣がなかった。 そして、「メモなんてとらんでも覚えておけるって!」とホンキで思ってた。 20代はOK!30代からだんだんと忘物番長になってきてしまった。 小学校の卒アルには「忘れ物名人」と先生からのコメントが・・・。 このどうしようもない状況から逃れるために昔から色々と試してみてました。

PDAを使う!

懐かしのParm

懐かしのParm

PDAとは(パーソナルデジタルアシスタント)の略。いまでいうスマホですね。 電話機能は無かったけれど。 けど、入力をし忘れると結局、忘れてしまう。 そして、「こんな些細なこと入力せんでも大丈夫!」と思っていたことほど忘れてしまう・・。完全に悪循環、それを機器のせいにしてどんどんと買い替えたり、新しいフォーマットに乗り換えたり、ただの新しいデジタルガジェット好きでしかなかったし。だめじゃん。

救世主登場!

端末に依存するので端末そのものを忘れたりすると、意味がなくなるデジタルガジェット。PDAがスマホに移り変わってもやってることは同じでした。まったく意味が無い。 そんな状況に救世主が!!

evernote! evernote! evernote!

unnamed

evernoteはクラウド上に情報を「ノート」として記録できるサービスです。 「記録する」という操作はこれまでのアナログのノートやPDAとなんら違いはないのだけれど、決定的に利便性をあげているのが「クラウド」だということ。 Android/iPhoneの専用アプリから入力してもOK!もちろんwindows/macからでも、そして「どこから」でも、入力と検索ができてしまう………。最強です。端末持ち歩かなくてもネット環境さえあれば何とかなります。「入力は後でっと…」いう一番忘れやすい環境でとりあえず入力しとけます。 記録できるのはテキスト(文字データ)だけでなくて、オフィス系のファイル(xls,doc,ppt)やPDF、画像に音声などほとんどなんでもOKです。もちろん、あとでファイル内の情報も検索できます。(プレミアプランのみ) 秀逸なのは画像を自動解析するOCR機能が標準で備わっていること!名刺や紙書類を撮影orスキャンして保存しておくだけで後から画像内の文字が検索できるようになります。 「あの方の会社電話番号は……?」なんて状況でもさっくと探せ出せます。ケータイでもPCからでも。

入力は思い立ったらすぐに!

これが一番大事です。忘れるなんて恥ずかしくない。そう思って日々どんなしょうもない、くだらないことでもとりあえず入力する。撮影する。そしてevernoteにそれを保存する(自動化もできますw) そうしておくと、事故や作業効率が数段あがります!ぜひお試しください。